日本英語学会 THE ENGLISH LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN

受賞一覧

日本英語学会賞・日本英語学会新人賞

<受賞者氏名をクリックしますと受賞の言葉がご覧になれます。>

 年度 日本英語学会新人賞(2003年4月創設)
2003 第1回 受賞なし
2004 第2回 受賞なし
2005 第3回

  • 佳作 Nagano, Akiko (長野明子): “The Status of Backformation and Morpheme-Basedness of English Morphology” (EL 23巻1号(2006)に掲載)
  • 佳作 Shima, Etsuro (島越郎): “Reducing Pseudogapping to VP Ellipsis” (EL 23巻1号(2006)に掲載)
2006 第4回 受賞なし
2007 第5回 受賞なし
2008 第6回研究奨励賞

  • Nawata, Hiroyuki (縄田裕幸): “Clausal Architecture and Inflectional Paradigm: The Case of V2 in the History of English” (EL 26巻1号(2009)に掲載)
日本英語学会新人賞 日本英語学会賞 (2008年11月新設)
2009 第7回 受賞なし
  • Iwata, Seizi (岩田彩志): Locative Alternations: A Lexical-Conceptual Approach, John Benjamins, 2008
2010 新体制への移行期間:先年度までの選考体制を見直して, 2010年10月に新人賞, 学会賞 (論文), 学会賞(著書)の3部門による新たな選考体制を設立
日本英語学会新人賞 日本英語学会賞 (論文) 日本英語学会賞 (著書)
2011
  • Maeda, Masako (前田雅子): “The Criterial Freezing Effect and Split A’-Movement” (2010年度EL研究奨励賞受賞論文, EL 27巻2号掲載論文)
  • Kasai, Hironobu (葛西宏信): “Parasitic Gaps under Multiple Dominance” (2010年度EL研究奨励賞受賞論文, EL 27巻2号掲載論文)
  • Yamada, Eiji (山田英二): Subsidiary Stresses in English, Kaitakusha, 2010
2012
  • Watanabe, Takuto (渡辺拓人): “On the Development of the Immediate Future Use of be about to in the History of English with Special Reference to Late Modern English” (2011年度EL研究奨励賞受賞論文, EL 28巻1号掲載論文)
受賞なし 受賞なし
2013
  • Kitada, Shin-ichi (北田伸一): “A Theory of Linearization and Its Implication for Boundedness of Movement” (2012年度EL研究奨励賞受賞論文, EL 29巻2号掲載論文)
受賞なし
  • Takahashi, Hidemitsu (高橋英光): A Cognitive Linguistic Analysis of the English Imperative :With Special Reference to Japanese Imperatives, John Benjamins, 2012
  • Kono, Tsuguyo (河野継代): 『英語の関係節』 開拓社, 2012
2014
  • Arano, Akihiko (荒野章彦): “Uninterpretable Features and the Immobility of Constituents” (2013年度EL研究奨励賞受賞論文, EL 30巻1号掲載論文)
  • Nagano, Akiko (長野明子): “Morphology of Direct Modification” (2013年度EL研究奨励賞受賞論文, EL 30巻1号掲載論文)
  • Zamma, Hideki (三間英樹): Patterns and Categories in English Suffixation and Stress Placement: A Theoretical and Quantitative Study, Kaitakusha, 2013
2015 受賞なし
  • Shibasaki, Reijirou (柴﨑 礼士郎): “On the Development of The Point Is and Related Issues in the History of American English”
    (2014年度EL論文賞受賞論文, EL 31巻1号掲載論文)
  • Ueno, Yoshio(上野義雄): An Automodular View of English Grammar, Waseda University Press, 2014
  • Maeda, Masako(前田雅子): Derivational Feature-based Relativized Minimality, Kyushu University Press, 2014
2016
  • Tozawa, Takahiro(戸澤隆広): “On Labeling in Free Relative Clauses in English” (2015年度EL論文賞受賞論文, EL 32巻1号掲載論文)
受賞なし
  • Tanaka, Hideki (田中秀毅): 『英語と日本語における数量表現と関係節の解釈に関する記述的・理論的研究』 開拓社, 2015

 

English Linguistics 研究奨励賞

*編集委員会では、各年度においてとりわけ優秀と認められる論文を選定して、研究奨励賞として表彰しています。なお、研究奨励賞を受けた論文は、学会賞(新人賞・論文賞)に応募することができます。

年度 English Linguistics研究奨励賞
The English Linguistics Research Promotion Award
2010
  • Kasai, Hironobu(葛西宏信): “Parasitic Gaps under Multiple Dominance” (EL 27巻2号掲載論文)
  •  Maeda, Masako(前田雅子): “The Criterial Freezing Effect and Split A’-Movement” (EL 27巻2号掲載論文)
2011
  • Watanabe, Takuto(渡辺拓人): “On the Development of the Immediate Future Use of Be About To in the History of English with Special Reference to Late Modern English” (EL 28巻1号掲載論文)
  • Akaso, Naoyuki and Tomoko Haraguchi(赤楚治之・原口智子): “On the Categorial Status of Japanese Relative Clauses” (EL 28巻1号掲載論文)
2012
  • Kitada, Shin-Ichi(北田伸一): “A Theory of Linearization and Its Implication for Boundedness of Movement” (EL 29巻2号掲載論文)
2013
  • Arano, Akihiko(荒野章彦): “Uninterpretable Features and the Immobility of Constituents” (EL 30巻1号掲載論文)
  • Mizuguchi, Manabu(水口学): “Reconsidering Phase-Internal Derivations: Are They Exceptional or Not?” (EL 30巻1号掲載論文)
  • Nagano, Akiko(長野明子): “Morphology of Direct Modification” (EL 30巻1号掲載論文)

 

English Linguistics 論文賞

*編集委員会では、各年度においてとりわけ優秀と認められる論文を選定して、論文賞として表彰しています。なお、論文賞を受けた論文は、学会賞(新人賞・論文賞)に応募することができます。

年度 English Linguistics論文賞
The English Linguistics Research Paper Award
2014
  • Arano, Akihiko (荒野章彦): “Two Types of Main Verb Inversion” (EL 31巻1号掲載論文)
  • Shibasaki, Reijirou(柴﨑礼士郎): “On the Development of The Point Is and Related Issues in the History of American English” (EL 31巻1号掲載論文)
2015
  • Tozawa, Takahiro (戸澤隆広): “On Labeling in Free Relative Clauses in English” (EL 32巻1号掲載論文)
2016
  • Koike, Koji (小池晃次): “The Development of Negative-Initial Constructions in the History of English” (EL 33巻2号掲載論文)

 

大会優秀発表賞・国際春季フォーラム優秀発表賞

年度 大会優秀発表賞 国際春季フォーラム優秀発表賞
2015 受賞なし – – –
2016
  • (佳作)三上傑「素性継承システムのパラメータ化と英語史における統語システムの段階的変化」
  • (佳作) Matsuda, Asako(松田麻子): “Shifted Indexicals in Partial Control”
2017
  • – – –
  • (佳作) Mino, Takashi(三野貴志): “Pragmatic Constraint on There Speak Construction and Its Peculiarities”