日本英語学会 THE ENGLISH LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN

新着情報一覧

2020/03/24

Cancellation of the 13th International Spring Forum

There are still strong concerns over the spread of the new coronavirus infection. In light of the advice by the Expert Meeting on the Novel Coronavirus Disease Control to continue to be cautious of holding large-scale events, the English Linguistic Society of Japan has decided to cancel the 13th International Spring Forum (SF 13). We deeply regret that this decision had to be made, but it is because of the top priority given to the health and safety of the conference participants and those around them. We greatly appreciate your understanding.

Our basic policy regarding the cancellation is as follows.

  1. All the papers whose abstracts are posted on our website will be considered to have been presented officially at SF 13.
  2. The authors of the accepted abstracts can publish their papers or reports in JELS 38 under the conditions stipulated in the “Rules for JELS.”
  3. No selection will be made for the Best Paper Award at SF 13.
  4. Student Member Presentation Grants will not be provided at SF 13.
  5. Those wishing to withdraw their papers for reasons such as applying to another conference should contact us by April 30 at forum-elsj☆kaitakusha.co.jp. (The “@” in the e-mail address has been replaced by “☆” for security reasons.)

Further details will be emailed individually to the abstract authors at a later time. Thank you again for your understanding and cooperation.

2020/03/24

第13回国際春季フォーラムの開催中止について

新型コロナウイルスの感染拡大に関する懸念が依然として強く、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議も大規模イベントの開催には引き続き慎重な対応を求めていることに鑑み、日本英語学会としては、第13回国際春季フォーラム(SF 13)の開催を中止することを決定いたしました。まことに残念ではありますが、大会参加者とその関係者の健康と安全を第一に考えた結果、このような決断をせざるを得なくなりました。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

開催中止に関する学会としての基本方針は、次のようにさせていただきます。

  1. 学会ウェブサイトにアブストラクトが掲載されている全ての発表は、SF 13において正式に発表されたものと見なす。
  2. 採択されたアブストラクトの著者は、「JELS投稿規定」に明記されている条件の下で、その論文あるいは報告をJELS 38に掲載することができる。
  3. SF 13での優秀発表賞の選考は行わない。
  4. SF 13では学生会員発表助成金の支給は行わない。
  5. 他の学会に応募するなどの理由から発表の辞退(取り下げ)を希望する場合は、4月30日までに、forum-elsj☆kaitakusha.co.jp まで連絡されたい(☆を@に置き換えてください)。

さらに詳しくは、後日、アブストラクトの著者に個別にお知らせいたします。改めてご理解とご協力をお願いいたします。

2019/03/20

各種応募・申請の締め切りについて

以下の締め切りが迫っています。多くの皆さまの応募・申請をお待ちしています。応募・申請の詳細については、それぞれのサイトをご覧ください。
・秋季大会研究発表応募締め切り:4月1日24時
・秋季大会ワークショップ応募締め切り:3月31日24時
・EL応募:4月1日24時
・日本英語学会賞:4月15日
・終身会員申請:4月25日必着
・学生会員申請:4月25日必着

2019/03/17

Updates on the ELSJ 12th International Spring Forum 2019

The program for the upcoming International Spring Forum has been updated. Abstracts are also available. Click here for more information.

2019/03/13

優秀発表賞に関する規定の改定

「大会・国際春季フォーラム優秀発表賞に関する規定」の第2条が変更され、2019年度から適用されます。この変更により、実質的に全会員が審査対象者になることが可能です(連名発表の場合は、会員を1名以上含むこと)。また、大会・国際春季フォーラムの前年度末の時点で修士号未取得か修士号取得後10年未満の方は、「優秀発表賞」に加えて「佳作」の審査対象ともなり、若手研究者の優遇措置も残されています(連名発表の場合は発表者全員が当該条件を満たすこと)。

なお、審査対象者は、発表する年度の前年度末(3月31日)には会員になっている必要があることにご注意ください。

詳細につきましては、ウェブサイトの「顕彰制度」のページをご覧ください。

また、2019年11月に行われる第37回大会(於:関西学院大学)の研究発表に応募された方には、優秀発表賞に応募されるかどうかについての確認のご連絡を、4月中に大会運営委員会より差し上げます。

2019/03/11

第37回大会における「親と子の部屋」の設置について

第37回大会(於 関西学院大学)でも、「親と子の部屋」を設置します。
利用案内と申し込みについては、9月中にお手元に届くニューズレター『え〜ごがく No. 71』でご連絡します。

2019/01/26

関連学会 アメリカ言語学会の夏期講座Fellowshipの募集について

アメリカ言語学会(LSA)の夏期講座(Summer Institute: SI) が、2019年6月24日から7月19日までカリフォルニア大学デイヴィス校で開催されます。
LSAではSIに参加する学生のために各種奨学金を提供していますが、今回、日本から参加する学生(学部生、大学院生)を対象にしたYuki Kuroda Fellowshipの運用が始まります。日本からの参加に必要な諸費用(渡航費、滞在費、授業料)がすべて提供されるフェローシップです。LSAの会員でない方は事前に学生会員になってから応募していただくことになりますが、入会手続きはウェブ上で可能です。フェローシップの応募締切は2019年2月21日となっています。入会および応募の詳細はLSAのウェブサイトにありますので、奮ってご応募ください。