日本英語学会 THE ENGLISH LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN

優秀発表賞に関する規定の改定

2019/03/13

優秀発表賞に関する規定の改定

「大会・国際春季フォーラム優秀発表賞に関する規定」の第2条が変更され、2019年度から適用されます。この変更により、実質的に全会員が審査対象者になることが可能です(連名発表の場合は、会員を1名以上含むこと)。また、大会・国際春季フォーラムの前年度末の時点で修士号未取得か修士号取得後10年未満の方は、「優秀発表賞」に加えて「佳作」の審査対象ともなり、若手研究者の優遇措置も残されています(連名発表の場合は発表者全員が当該条件を満たすこと)。

なお、審査対象者は、発表する年度の前年度末(3月31日)には会員になっている必要があることにご注意ください。

詳細につきましては、ウェブサイトの「顕彰制度」のページをご覧ください。

また、2019年11月に行われる第37回大会(於:関西学院大学)の研究発表に応募された方には、優秀発表賞に応募されるかどうかについての確認のご連絡を、4月中に大会運営委員会より差し上げます。