日本英語学会 THE ENGLISH LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN

JELS投稿規定

  1. JELSへの投稿者は日本英語学会および本学会と相互協定を締結した学会の会員に限る.なお,複数名の共同研究の場合は,ファースト・オーサーは学会員とし,他の共同研究者に非会員が含まれていてもよい.
  2. 日本英語学会の本大会および国際春季フォーラムにおける発表(ポスター発表は除く)に基づく原稿のみ掲載できる.
  3. 招待講演者による原稿も掲載を許可する.
  4. JELS 原稿作成上の注意】を厳守すること.不備のある原稿は掲載が認められないこともある.
  5. JELSへの投稿者は「研究活動における不正行為防止等のガイドライン」を遵守しなければならない.万一不正行為が認められた場合には,ガイドラインの第3項による措置を取るものとする.

付記:
重複投稿は許されません.疑いを招かぬよう,投稿者自身のこれまでの関連する研究論文・口頭発表の情報は必ず記載すること.

(2011年11月11日規定)
(2014年3月23日改定)
(2014年11月7日改定)

JELS原稿について

  • JELS掲載論文の査読論文としての取り扱いについて
  • JELSに掲載されている論文(Symposium ReportsおよびWorkshop Reportsを除く)は、発表応募時に査読を受けており、また最終稿が大会運営委員会の確認を受けているので、当学会では査読付き論文として見なしますが、あくまでプロシーディングズ論文であり、この内容を改稿し、フルペーパーとして学術誌に投稿することは妨げられません。

    (大会運営委員会)

  • JELS原稿作成上の注意